投資 米国企業分析

2020/11/29

XRPだけじゃない、仮想通貨企業Ripple(リップル)の革新性

XRPだけじゃない、仮想通貨企業Ripple(リップル)の革新性 仮想通貨XRPの価格がは2020年11月に入り突如、価格が急騰している。2017年から2018年初頭にかけてのXRPの高騰(あるいはバブル)の記憶が新しいところ。   ここ数年は、XRPの価格も低迷が続いているが、米国の暗号新興企業リップル社の最近の動きと、今後の展望を見ていきたい。   XRPとビットコインは競合しない リップルのCEOのブラッド・ガーリンハウスは、ビットコイン(BTC)を常日頃批判することで知られてい ...

ReadMore

米国企業分析

2020/11/23

Robinhood(ロビンフッド)ミレニアム世代の投資アプリ

Robinhood(ロビンフッド)ミレニアム世代の投資アプリ 米国の株式取引投資アプリ「ロビンフッド」が手数料無料という画期的なサービスを打ち出し、若年層を中心に利用者数が急増している。   ロビンフッドは「アメリカの金融システムを民主化したい」という願望から考案され、若い世代の投資家に手数料無料で取引できるプラットフォームを提供することでオンライン投資家を熱狂させているのだ。   若者の株式市場への参加をサポートする ロビンフッドの創業者Vlad Tenev(ウラジミール・テネフ)は ...

ReadMore

転売

2020/11/19

転売初心者のためのヤフオクの使い方【わかりやすく解説】

ヤフオクって使ったことないんだよね。不用品を売るならヤフオクがいいって聞いたんだけど、出品方法とか詳しく教えて欲しいです。   こんな疑問に答えていきます。   転売初心者のためのヤフオクの使い方【わかりやすく解説】 ヤフオクは1999年にサービスをスタートました。オークションサイトといえばヤフオクというぐらい老舗ですが、マニア向け商品などは今でも実績No1の販売プラットフォームです。   オークションは入札形式で価格が上がっていく仕組みなため、購入側も安く買える可能性があり ...

ReadMore

投資

2020/11/15

不動産投資が意外と儲からない原因とは【回避は可能】

不動産投資は不労所得なのが良いよね。でも意外と儲かってない人も多いって聞いたけどなんででしょう?不動産投資できちんと利益が残る方法が知りたいです。   こんな疑問に答えていきます。   不動産投資が意外と儲からない原因とは【回避は可能】 不動産投資は不労所得と言われますが、株式投資の配当と比べると全く性質が違います。   不動産は投資というよりも、賃貸業ビジネスです。当然、上手く運営しないと利益が出ない、ということは十分にありえます。   結果として、不動産投資は世 ...

ReadMore

投資

2020/11/11

ビットコインをガチホできない人がやりがちな行動3つ

ビットコインは値動きが激しいからトレードしたら儲かりそう。実際ガチホするのとどっちが良いのか、教えて欲しいです。   こんな疑問に答えていきます。   ビットコインをガチホできない人がやりがちな行動3つ 仮想通貨の投資法としては、ビットコインを買って何もせずに長期間保有する、いわゆる「ガチホ」が最強です。   これは2016年~2017年の仮想通貨ブームの頃に買っていた人は、痛感していることだと思います。実際、2017年からビットコインをホールドし続けられた人は非常に少ないの ...

ReadMore

投資

「仮想通貨は儲からない」は本当か【過去の相場を検証】

仮想通貨は儲からないって言われるよね。何年か前にすごい価格が上がったんでしょ?でも、暴落するのは怖いんで買うの迷ってます。

 

こんな疑問に答えていきます。

 

「仮想通貨は儲からない」は本当か【過去の相場を検証】

「仮想通貨は儲からないし、危ないからやめた方が良い」と言われたりしますね。

 

実際、ビットコインは現在まで爆上げ、爆下げを繰り返しています。

 

では、実際、仮想通貨は儲からないのでしょうか?

 

順番に見ていきます。

 

ビットコイン価格の推移を振り返る

仮想通貨ビットコインの誕生からおよそ10年がたちました。

 

金融資産、投資商品として、一般に認知され始めたのはここ数年のことです。

 

この間、ビットコインの価格は一直線に上昇したわけではなく、何度かの大きな暴落、暴騰を経て成長してきています。時系列で見ていきます。

 

ビットコイン誕生〜2011年

ビットコインの誕生は、2008年10月31日。サトシ・ナカモトが作成したホワイトペーパーを元に開発されました

 

 2010年5月 1BTC=約0.2円

 

ビットコインの最初の取引は「ピザ2枚=1万BTC」でした。1万BTCは現在の価格で1400億円にもなります!

 

 2010年7月 Mt.Goxサービス開始 1BTC=7円
 2011年4月 TIMEでBTC特集 1BTC=80円
 2011年6月 最初のバブル 1BTC=1,500円

 

2011年、米国のTIME誌で特集されたことを受け、価格が暴騰しました。ビットコインの最初のバブルといっても良い時期です。

 

2013年のバブル

 2013年10月 中国のバイドゥがBTC決済を開始 1BTC=1万4千円
 2013年12月 NHKでビットコイン特集 1BTC=12万円

 

年明けに1BTC=2,000円だった価格は、12月には一時12万円を突破します。

 

1年間で60倍にも価格が高騰しました

 

2014年バブル崩壊

 2014年2月 マウントゴックス閉鎖 1BTC=1万8千円
 2014年7月 DellがBTC決済を採用 1BTC=6万円

 

2014年に日本の最大手仮想通貨取引所のマウントゴックスで、85万BTC(約470億円)がハッキングされる事件が起こります。

 

マウントゴックスは閉鎖。これを機にビットコインの危険性が一気にニュースとなり、価格は前年の最高値から80%を超える下落となりました。

 

2015~2016年 停滞期

 2015年1月 Bitstampがハッキング被害 1BTC=3万円
 2016年7月 2回目の半減期 1BTC=7万円

 

マウントゴックス事件以降2015〜2016年にかけては、停滞の時期が続きました。2016年末にかけてようやく上昇の兆しがでてきます。

 

2017年 バブル再び

 2017年4月 日本で「改正資金決済法等」施行 1BTC=12万円
 2017年8月 ビットコインキャッシュ(BCH)ハードフォーク 1BTC=45万円
 2017年12月 CMEがBTC先物を開始 1BTC=200万円

 

2016年〜2017年にかけて、中国での仮想通貨ブームに続き、日本でも仮想通貨が一大ブームとなりました

 

ビットフライヤーやコインチェクなどの仮想通貨取引所が、ネット広告やスマホアプリの取引で登録者を爆発的に伸ばした時期です。

 

2017年9月の中国の取引所の一斉閉鎖で、一時価格が下落するものの、その後は主要取引を日本が牽引し、12月には史上最高値の220万円を更新します。

 

2018~2019年 再び低迷期

 2018年1月 コインチェックNEM流出事件 1BTC=110万円
 2018年3月 Googleが仮想通貨の広告掲載禁止 1BTC=95万円
 2019年6月 Facebookがリブラ構想発表 約80万円

 

日本の取引所、コインチェックでの仮想通貨NEMの大量流出事件を契機に、ビットコインの急落が始まります。

 

2018年1月には前年の最高値更新からわずか1ヶ月で、50%近い大暴落となりました。

 

その後もビットコイン価格は下落トレンドに突入し、2019年には一時40万円になりました。その後は価格を持ち直し、2019年末には100万円まで価格を戻しています。

 

2020年 コロナショック~再び高騰へ

 2020年3月 コロナウイルスの感染拡大 1BTC=52万円
 2020年5月 3回目となる半減期 1BTC=100万円

 

2020年はビットコイン価格は大きく変動しました。

 

年初で100万円を突破しましたが、コロナショックで50万円近くまで価格が暴落。しかし2020年10月現在では130万円まで価格を戻して上昇中です。

 

株式、金(ゴールド)との比較

株式には、スタート期、成長期、停滞期、下落期、の価格のライフサイクルがあります。

 

しかし、金やビットコインなどの現物資産は、企業とは違いそれ自体では何も利益を生み出しません

 

では、なぜ価格が上がるかというと、

・量に限りがあり、希少性がある
・みんなが欲しいと思う
・劣化しない、価値が保全される

 

こうした特徴をもっている現物資産は、時間とともに右肩あがりで価値が上がっていきます

 

つまり、長年に渡って価値の保全がされるもの、としてビットコインが投資対象として選ばれているわけです。

 

ビットコインと他の金融商品のパフォーマンスを比較してみる

それでは、仮想通貨ビットコインと他の金融資産とで、近年の成長度にどの程度の差があるのでしょうか?

 

直近5年間のパフォーマンスを比較してみます。

 

日本株

 日経225  2015〜2020年→1.23倍

 

2015年からの5年間はアベノミクスでの金融緩和時期で、日本株は好調でした。

 

2020年のコロナショックで一時は30%近くも下落したものの、5年間のトータルでは23%増となっています。

 

米国株式

 S&P500  2015〜2020年→1.67倍

 


 NASDAQ 2015〜2020年→2.28倍

 

GAFAMの業績が絶好調の米国株式。

 

ハイテク銘柄を中心にコロナの影響も短期間で回復し、S&P500で67%増、ハイテク銘柄を多く含むNASDAQでは128%増と絶好調です。

 

米国債権

 BND  2015〜2020年→1.07倍

 

米国の主要債権銘柄で構成されているのがバンガード・米国トータル債券市場ETF(BND)です。

 

世界的な金融緩和で長期金利がゼロ金利が進んでいることもあり、パフォーマンスは今一つ。コロナの影響もあり、7%増にとどまっています。

 

金(ゴールド)

 COMEX 2015〜2020年→1.75倍

 

米国の金取引指数がCOMEXです。

 

金融緩和とコロナの影響もあり、5年間で75%増の驚異的な伸びを記録しています。

 

不動産

(出典:土地代データ)

 東京都23区土地 2015〜2020年→1.32倍

 

現物資産の代表である不動産の価格推移をみてみましょう。

 

アベノミクスの金融緩和、銀行融資が積極的に行われたこともあり、特に東京都心のオフィス需要が旺盛で、東京23区の取引地価は5年で32%増となっています。

 

現物投資

 ROLEX   2015〜2020年→1.5倍

 

こちらは現物投資で、ここ20年で価格が高騰している高級時計ロレックスの相場です。

 

5年間で50%近いリターンとなっておりかなり有望な投資先です。

 

仮想通貨

BTC/USD  2015〜2020年→41.8倍

 

そして、最後はビットコイン。誕生から10年で価格は天文学的な上昇率を見せています。

 

過去5年でも40倍以上のリターンとなっており、他の金融資産よりも圧倒的な高リターンをたたき出しているのが分かります。

 

 

仮想通貨で儲けるための原則5つ

仮想通貨は、数ある投資先の中でも長期的にはかなり有望な投資先であることはパフォーマンスを見ても明らかです。

 

しかし、2017年の仮想通貨バブルでは、大きく損失を出して撤退した投資家も数多くいます。

 

仮想通貨投資で確実に設けるための注意点についてみていきます。

 

草コインには手を出さない

現在、仮想通貨には3000銘柄以上あります。

 

草コインとは、ビットコイン以外のアルトコインの中で時価総額が低いマイナー銘柄のこと。

 

2017年の仮想通貨バブルの際は、どんなマイナーな草コインを買っても価格が上がるような異常な相場でした。

 

しかし、下落相場になると、そうした草コインからは一気に資金が抜かれてクラッシュしてしまいます。ほぼ価値が0になった銘柄もたくさんあります。

 

ビットコイン、イーサリアムなど時価総額10位以内のコインでないと、長期投資には向かないと断言しても良いと思います。

 

収益構造がしっかりしている仮想通貨を見極める

2017年当時はICOブームで、たくさんの実態のない仮想通貨プロジェクトが乱立しました。

 

適当なホワイトペーパー(事業計画書)と、派手なマーケティングで投資初心者を集めるだけで、数十億円規模の資金を集めることができました。

 

現在はそうした中身のないICOはほぼなくなりましたが、通貨発行の主体がしっかりしたプロダクトや戦略を持っているか、実業としてもしっかりした収益構造を持っているか、を見極める必要があります。

 

ビットコインに投資する

身も蓋もない話ですが、金融商品のひとつとして仮想通貨を長期保有するなら、ビットコイン一択になります。

 

何度かのバブルと暴落を経て、ビットコインはようやく一般投資家や機関投資家にも、金と同等の価値がある資産アセットだ、という認識が生まれてきています。

 

現在のBTC価格は株価や金などの、伝統的な資産との価格の連動が顕著になってきています。

 

ボラティリティが少なくなってくるにつれて、一気に倍になるような値動きは無くなってくるので、保守的な投資家が仮想通貨に参入してくることが予想されます

 

FXトレードをしない

仮想通貨は以前ほどの激しい値動きは無くなってきましたが、依然として株や為替に比べるとボラティリティは大きいです。

 

レバレッジをかけた取引、特に空売りは大きな損失を出す危険性があります。

 

仮想通貨トレード自体は、利益が出る手法ですが、ハイレバレッジの仮想通貨FXはリスクが大きいので初心者は手を出さない方が無難です。

 

長期保有する 暴落しても持ち続ける

相場は常に変動があるもの。しかし、仮想通貨は、個別株と違って業績のファンダメンタルがなく、金のような現物資産に近い、希少性が特徴です。

 

したがって、仮想通貨は長期保有することで、資産価値の上昇が見込まれる金融資産と言えます。

 

仮想通貨全体の時価総額は、まだ株式の100分の1程度。少なくとも金の現物と同等以上の時価総額となることは予想されます。

 

文字通りデジタルゴールドを期待できる資産なので、一時の暴落を耐えて持ち続けることで大きく資産を増やすことが可能です。

 

◎まとめ

・仮想通貨は高騰、暴落の歴史
・ビットコインの投資リターンは圧倒的
・長期投資ならBTCに投資するのが無難

 

では、また。

-投資
-

© 2020 Ichiro Blog Powered by AFFINGER5