セミリタイア

2020/9/26

セミリタイアで会社を辞める前にやるべきこと

セミリタイアしたいけど、仕事を辞めるって結構ハードル高いよね?どんな準備しておけば良いのか知りたいです。   こんな疑問に答えていきます。   セミリタイアで会社を辞める前にやるべきこと セミリタイアは、金銭的な準備よりも、会社を辞めた後のライフプランの方が大事です。   セミリタイアで失敗しないためにも、しっかり準備していきましょう。   生活コストを下げる セミリタイアしたい人は、今日から無駄遣いをやめることです。   まず大前提として、生活コストを下 ...

ReadMore

投資

2020/9/24

米国株ETFでのポートフォリオが最強な理由

米国株を買ってみようかと思うんだけど、どんな銘柄が良いのかな? ETFが良いって聞いたんだけど、詳しく教えて欲しいです。   こんな疑問に答えていきます。   米国株ETFでのポートフォリオが最強な理由 いきなり結論ですが、株式投資をするなら、日本株よりも米国株ETFがおすすめです。   なぜ米国株なのか?理由を解説します。   なぜ米国株が良いのか 米国株は今絶好調です。コロナショックで一時大きく値段を下げたものの、年初来の高値を更新しつつあります。   ...

ReadMore

投資

2020/9/21

仮想通貨レンディングBlockFiで資産運用しよう

仮想通貨、ちょっと買ってみたんだ。仮想通貨を貸して利息がもらえるって聞いたけど、ちょっと興味ある。リスクとかないのかな?教えて欲しいです。   こんな疑問に答えていきます。   仮想通貨レンディングBlockFiで資産運用しよう 仮想通貨レンディングは、取引所などに手持ちの仮想通貨を貸し出すと、利息をもらえるサービスのことです。   仮想通貨レンディングは海外で人気 海外では、現金やステーブルコイン(法定通貨建てコイン)でのローンを求める借り手から需要が増えていて、仮想通貨レ ...

ReadMore

転売

2020/9/19

スニーカー転売は投資?本当に儲かるのか【検証】

最近ニュースで、スニーカーショップに大行列ができてるって聞いたけど、あれ転売目的なんでしょ?スニーカーの転売ってそんなに儲かるのかな・・・   そんな疑問に答えていきます。   スニーカー転売は投資?本当に儲かるのか【検証】 世界的に爆発的な盛り上がりを見せている、スニーカー転売市場。   ここ数年のインターネット販売の環境整備が大きく貢献しています。   順番にみていきます。   世界的なスニーカーブーム 今、世界的なスニーカーブームが起こっています。 ...

ReadMore

投資

2020/9/16

不動産REIT(リート)は今が買い時なのか?

コロナショックでREITの価格が下がっていて買い時だって聞いたんだけど、実際どうなんだろう? おすすめの銘柄なんかも教えて欲しいです。   こんな疑問に答えていきます。   不動産REIT(リート)は今が買い時なのか? コロナショックもあり、REIT(リート)は今が買い時なのか、色々意見があります。   順番に見ていきます。   REITとは不動産投資信託のこと REIT(リート)は不動産版の投資信託です。   投資家から集めたお金で、不動産を運用し、賃料 ...

ReadMore

未分類

セミリタイアして移住するならどこが良いか、検証してみた

 

セミリタイアしたら、国内で田舎暮らしとかしてみたい。あと、海外移住も興味があるんだけど、どんな場所が良いのか教えて欲しいです。

 

移住生活、憧れますよね。生活費がどれぐらいかかるのか、どんな場所がおすすめなのか。僕も知りたいです。早速見ていきましょう

 

セミリタイアして移住するならどこが良いか、検証してみた

 

セミリタイアしたら、移住してみたい。

そう思っている人多いのではないでしょうか?

僕も興味があるので、ちょくちょく調べています。

 

東京でセミリタイア後の生活は厳しい

僕は東京都内に住んでいるのですが、

やはり移住には興味があります。

 

まず何と言っても東京は家賃が高い!

僕はちなみに持ち家ですけども・・・

それでも生活費は高くつきます。

 

東京に住んでるのは、もちろん職場があるから。

それだけです。

仕事以外で、敢えて生活コストの高い東京に住む理由はありません

 

そのほかにも、東京は

 

・人が多い

・店が混んでる

・誘惑が多い

 

など、いろいろ問題があり

将来的には東京以外に住んだ方が、生活コストが抑えらるのでは?

と思っています。

 

移住先に求める条件とは

移住先の選定にあたって、

優先した基準は以下のとおり。

 

・家賃が安い

・生活費が安い

・程よく都会、程よく田舎

・気候が良い

・自然がある

・食べ物が美味しい

・wifi、ネット環境

・カフェがある

・車がなくても生活できる

 

まずは、生活コストを抑えることが大前提。

その上で、ノマド的な働き方で10万程稼ぐってのが理想です。

となると、ネット環境も重要

 

というわけで、いくつか良いと思われるエリアを

ピックアップしてみました。

 

 

【国内編】セミリタイア後のおすすめ移住先

 

まずは、国内の移住先です。

※あくまで個人的な経験を踏まえたピックアップなので参考まで。

 

札幌市(北海道)

 

 

個人的なお気に入りが、北海道

家賃は安い。中心地でも4万以下も。

北海道の家賃相場

何と言っても食べ物が美味しい。海鮮最高!

 

大通り公園を歩いているだけで、開放的な気分にひたれます。

冬の寒さは厳しいですが、室内、店舗の暖房が完璧、

なので東京より暖かいかも

 

札幌は都会ですのでネット環境は問題なし。

チェーン店のカフェも広々で気持ち良い

遊びの誘惑は多いので、自制心は必要ですね。

 

福岡市(福岡県)

 

 

こちらも個人的にお気に入りの福岡市

空港から近いコンパクトシティで、生活便利な都会です。

家賃は安い。中心地でも4万円代から。

福岡の家賃相場

 

気候は温暖。冬もそんなに寒くないのが良いですね。

 

食べ物も美味しく、物価も安い

都会ですのでネット環境は問題ないでしょう。

遊びの誘惑は多いので、規則正しい生活しないとですね。

 

東南アジアと日本のデュアルライフを送るなら、

ハブとして福岡が個人的にベスト、な気はします。

 

那覇市(沖縄県)

 

観光スポットでも人気の沖縄

個人的にも大好きです(特に石垣島、宮古島)

温暖な気候で、冬の寒さが苦手な人には最高ですね。

 

ノマド的な移住となると、やはり那覇市周辺でしょうか。

家賃はまあまあ安い

沖縄の家賃相場

中心地でも4万円代からですが、

ここ数年で人口も増えていて、意外と高いかな?という印象。

 

食べ物が薄味なので個人的には好き。

人によっては合わないかもです。

公共交通機関はモノレールのみなので、

車が必要。バイクもありかも。

 

多摩地区(東京都)

 

【番外編】

東京23区住み限定ですね。

あえて東京?という気もしますが笑

 

実は東京も都下に行けば、家賃も下がります。

個人的には多摩川沿いの雰囲気が好きなので、

多摩地区エリアとかはいいかなと思っています。

 

ただし、安いと言っても東京なので1Kで5万以上はします。

東京の家賃相場

 

部屋の広さも地方都市とは違い、狭いですから・・

 

東京23区の単身者で、家賃が高い場合は

検討の余地ありかなと思っています。

 

 

【海外編】セミリタイア後のおすすめ移住先

 

次は、海外の移住先です。

正直、生活コストに関しては国内よりも安く魅力的。

 

特に、東南アジアは経済発展も進み、

移住先の候補がたくさんあります。

 

僕は、海外事情に詳しくないので、

ネットからの情報や、海外経験者のお話を伺って、

ピックアップしてみました。ご参考にどうぞ。

 

台北(台湾)

 

まずは、近場から。台北です。

何と言っても日本から近い食べ物が美味しい

おまけに日本語が通じる、と、メリットが多いです。

 

・家賃(月額) $989

・夕食 $3.83

・ビール $4.08

・コーヒー $4.08

台北の生活費

 

食費はまあ安いですね。日本人にも合う味覚です。

しかし、住居費はやや高いイメージ。地価が上がっているようです。

安く住むなら、郊外を選んだ方が良さそう。

 

wifi環境はかなり充実しているようですので、

快適にPC作業がこなせそうです。

短期滞在のノマドワーカーには、かなりおすすめですかね。

 

ちなみに台湾は、ビザなしで90日滞在可能です。

 

 

高雄(台湾)

 

こちらも同じく台湾。南部の高雄。

ノマドワーカーに人気の都市です。

台北からは、新幹線なら90分ぐらいで行けます。

 

・家賃(月額) $413

・夕食 $2.38

・ビール $1.70

・コーヒー $1.70

高雄の生活費

 

食事はかなり安いですね。

住居費も、台北と比べて半分ぐらいです

wifi環境も充実しているようです。

長期滞在なら、台北よりも高雄がおすすめかもです。

 

バンコク(タイ)

 

タイは、個人的には移住先として一番候補ですね。

なので3か所上げてみました。

タイ料理が美味しいのと、程よく都会でかつ親日的

というのがその理由。

 

・家賃(月額) $856

・夕食 $2.57

・ビール$2.38

・コーヒー$2.89

バンコクの生活費

 

まずは、首都バンコク。

はっきり言って東京と変わらない大都会です。

食事はまあ安いです。屋台などもたくさんあります。

 

住居費は、意外と高いです。

住むなら中心部を離れた方が良さそうですね。

wifiもかなり早いみたいで、バッチリです。

 

タイは、ビザなしで30日間滞在可能です。

 

チェンマイ(タイ)

  

続いては、北部の古都、チェンマイ

世界のノマドワーカーから、大人気の街です。

日本で言うと京都みたいなとこらしい。

 

・家賃(月額) $500

・夕食 $1.93

・ビール $1.93

・コーヒー $2.38

チェンマイの生活費

 

食事はかなり安いです。屋台も充実。

お洒落カフェがあちこちにあります。値段も安い!

住居費もバンコクよりかなり安いです。

低コスト移住も可能ですね。

 

たくさんあるカフェは、ほぼ100%電源、wifi完備のようです

 

パタヤ(タイ)

 

タイが続きます。

最後は、古くからのビーチリゾートエリア、

パタヤです。

 

・家賃(月額) $773

・夕食 $2.57

・ビール$2.41

・コーヒー$2.41

パタヤの生活費

 

食事はまあ、安いです

リゾート地のため観光客向けの店は高いらしい。

住居費も意外と高いな、と言う印象

ウォーキングストリートなど中心部からは離れた方が良さそうです。

 

ノマド向きのカフェはあまりなく、wifiも貧弱のようです

事前に、電源・wifi完備の店を探して行った方が良さそうですね。

 

セブ(フィリピン)

 

 続いてはフィリピン。

 あえてマニラではなく、リゾート地セブです。

 英会話学校が多い。若者が多く、ノマドワーカーにも人気、

 と言うのが理由です。

 

・家賃(月額) $405

・夕食 $2.26

・ビール$1.13

・コーヒー$0.75

セブの生活費

 

食事はかなり安いですね。

住居費もタイより安いですね。長期移住も可能な感じ

 

電源、wifiが使えるカフェはたくさんありますが

全体的に回線速度が遅いようです

ノマドワーカーにはやや不満な感じですね。

 

フィリピンはビザなしで30日間滞在可能です。

 

 

ヤンゴン(ミャンマー)

 

最近ノマドワーカーに人気のミャンマー

日本人にはあまり馴染みないですが

ヤンゴンは、住みやすいみたいです。

 

・家賃(月額) $598

・夕食 $1.47

・ビール $0.73

・コーヒー $0.49

ヤンゴンの生活費

 

食事は安いです

屋台も充実しているよう。

住居費も安いのでノマド向きですね

 

電源、wifiが使えるカフェは結構あるようですが、

回線速度は不安定で店によってまちまちのようです

 

ミャンマーはビザなしで30日間滞在可能です。

 

ホーチミン(ベトナム)

 

社会主義国のベトナム。

最近ではIT化も進み、経済発展著しいです。

ベトナム料理も美味しいですよね。

ホーチミンは、海外から人気のエリアです。

 

・家賃(月額)   Cost of living for local$520 / month

・夕食 $2.38

・ビール$1.08

・コーヒー$1.51

ホーチミンの生活費

 

食事関係はかなり安いです!

住居費も安いですね。長期移住にも向いてます

 

wifiは結構早いみたいです。

お洒落なカフェも充実しているようです。

 

ベトナムはビザなしで15日間滞在可能です。

 

 

移住を考える前に、準備すべきこと

 

いかがでしたか?

見知らぬ土地の情報を調べたりするのは、

想像力がかき立てられ楽しいですね。

 

しかし、セミリタイア後の移住先となると、

旅行気分ではまずいです。

 

少なくとも、以下のステップは必要かと。

 

・個人でネットで稼げるようになる

・会社をやめる

・実際現地に数日~数週間滞在してみる

・海外なら英語の勉強

 

投資や、年金だけで生活できるなら別ですが、

アーリーリタイアも目指すなら

まず、どこにいても一定の収入が上がる

仕組みを構築しないといけませんね。

 

それでは、セミリタイア目指して頑張っていきましょう!

-未分類

© 2020 Ichiro Blog Powered by AFFINGER5