投資 米国企業分析

2020/11/29

XRPだけじゃない、仮想通貨企業Ripple(リップル)の革新性

XRPだけじゃない、仮想通貨企業Ripple(リップル)の革新性 仮想通貨XRPの価格がは2020年11月に入り突如、価格が急騰している。2017年から2018年初頭にかけてのXRPの高騰(あるいはバブル)の記憶が新しいところ。   ここ数年は、XRPの価格も低迷が続いているが、米国の暗号新興企業リップル社の最近の動きと、今後の展望を見ていきたい。   XRPとビットコインは競合しない リップルのCEOのブラッド・ガーリンハウスは、ビットコイン(BTC)を常日頃批判することで知られてい ...

ReadMore

米国企業分析

2020/11/23

Robinhood(ロビンフッド)ミレニアム世代の投資アプリ

Robinhood(ロビンフッド)ミレニアム世代の投資アプリ 米国の株式取引投資アプリ「ロビンフッド」が手数料無料という画期的なサービスを打ち出し、若年層を中心に利用者数が急増している。   ロビンフッドは「アメリカの金融システムを民主化したい」という願望から考案され、若い世代の投資家に手数料無料で取引できるプラットフォームを提供することでオンライン投資家を熱狂させているのだ。   若者の株式市場への参加をサポートする ロビンフッドの創業者Vlad Tenev(ウラジミール・テネフ)は ...

ReadMore

転売

2020/11/19

転売初心者のためのヤフオクの使い方【わかりやすく解説】

ヤフオクって使ったことないんだよね。不用品を売るならヤフオクがいいって聞いたんだけど、出品方法とか詳しく教えて欲しいです。   こんな疑問に答えていきます。   転売初心者のためのヤフオクの使い方【わかりやすく解説】 ヤフオクは1999年にサービスをスタートました。オークションサイトといえばヤフオクというぐらい老舗ですが、マニア向け商品などは今でも実績No1の販売プラットフォームです。   オークションは入札形式で価格が上がっていく仕組みなため、購入側も安く買える可能性があり ...

ReadMore

投資

2020/11/15

不動産投資が意外と儲からない原因とは【回避は可能】

不動産投資は不労所得なのが良いよね。でも意外と儲かってない人も多いって聞いたけどなんででしょう?不動産投資できちんと利益が残る方法が知りたいです。   こんな疑問に答えていきます。   不動産投資が意外と儲からない原因とは【回避は可能】 不動産投資は不労所得と言われますが、株式投資の配当と比べると全く性質が違います。   不動産は投資というよりも、賃貸業ビジネスです。当然、上手く運営しないと利益が出ない、ということは十分にありえます。   結果として、不動産投資は世 ...

ReadMore

投資

2020/11/11

ビットコインをガチホできない人がやりがちな行動3つ

ビットコインは値動きが激しいからトレードしたら儲かりそう。実際ガチホするのとどっちが良いのか、教えて欲しいです。   こんな疑問に答えていきます。   ビットコインをガチホできない人がやりがちな行動3つ 仮想通貨の投資法としては、ビットコインを買って何もせずに長期間保有する、いわゆる「ガチホ」が最強です。   これは2016年~2017年の仮想通貨ブームの頃に買っていた人は、痛感していることだと思います。実際、2017年からビットコインをホールドし続けられた人は非常に少ないの ...

ReadMore

未分類

投資でセミリタイアするために必要なこと

セミリタイアのための資金を貯めるために投資を始めようと思っています。
早くお金を増やしたいので、利回りが良く効率が良い投資を教えて欲しいです。

 

うん。確かに投資は必要だし、早くお金を増やしたいのはわかる。でもね、世の中には危険な投資もいっぱいあるから、注意する必要があるよ。

 

今回は、投資の注意点を説明していきます。

 

投資でセミリタイアするために必要なこと

お金を増やすために、稼ぐ方法を考えますよね。

そこで、あなたは投資にチャレンジしようと思います。

でも、なぜ投資を選ぶのか?が重要になります。

 

深掘りしていきます。

 

なぜ投資をしたいのか

質問です。

 

あなたは、お金を増やすために、

・キャリアアップで収入を上げる
・副業で頑張って稼ぐ

という選択ではなく、なぜ「投資」を選ぶのでしょうか?

・働きたくない
・面倒なのは嫌だ
・時間がない
・楽して稼ぎたい

この辺が理由でしょうかね。

 

おそらく、あなたが持つ投資のイメージは

・大きく稼げる
・時間がかからない
・効率が良い

とかですかね。

 

でも、これらの投資に対するイメージは間違いです。

それだけでなく、非常に危険な考えです。

 

 不動産投資

 株式投資

 

のふたつを例に出して、その間違いの理由を説明します。

 

投資は大きく稼げるものではない

 不動産投資の場合

日本の不動産の場合、平均的な利回りは3〜10%

 

銀行からの融資を利用して購入する場合がほとんどです。

さらに、管理費や修繕費、税金がかかってくるので、実際の手残りの利回りは1〜2%程度

 

不動産は不労所得と言われますが、実態はそうではありません

 

 株式投資の場合

高配当株式の場合、配当利回りは3〜5%と言われています。

日本株でいうとJTや日本郵政、米国株だとエクソンモービルやIBM、などが5%を超える利回りとなっています。

ただし減配や株価下落のリスクがあります。

 

米国株式でいうと、代表的な株式指数のS&P500の場合、長期の年平均リターンは7%前後となっています。

個別株だともっと高いリターンも狙えますが、当然リスクもあります。

世界一の投資家ウォーレンバフェットでも、トータルの利回りは年20%。

 

株価が10倍になった投資家の事例などは、かなりのレアケースなので再現性がなく、個別銘柄で大勝ちを目指すのはギャンブルです。

 

投資はすぐに結果が出るものではない

 不動産投資の場合

融資を引いて、時間をかけて物件を追加していくのが不動産投資。

元本の回収には、通常10年以上かかります

今すぐお金が欲しい、という人がやるものではありません。

 

相続で子供に財産を継承する、など長期スパンで考えるものです。

 

 株式投資の場合

株式の長期投資の場合、10年〜30年のスパンで考えるのが一般的。

バフェットは、厳選した銘柄を若いうちから買い、それを長期保有して巨万の富を築きました

 

株式投資は、時間を味方につけることが必要です。

 

そうか、そんなに時間がかかるんじゃ意味ないな・・・
でも知り合いから、すごく利回りの良い投資があるって聞いたけど。
裏技的な投資もあるんじゃないの?

 

あーその考え方、じつはすごく危険なんだよ!
なぜ危険なのか具体例を挙げて説明していくね。

 

 

【注意】あなたを狙う危険な投資案件7つ

投資は自己責任と言われます。

しかし、実際に騙されてお金を失わないと、間違いに気づかないもの。

巷で聞く、「おいしい投資」の種類と危険性を解説していきます。

 

太陽光発電

国の肝入りで開始された、太陽光発電投資。

売電期間という買取期間保証がされていて、手堅い投資と言われています。

 

しかしこの売電期間は、10年もしくは20年と決められているため、期限後の売却の出口がない投資になります。

 

経費も1500万〜2000万ほどかかりますし、電力売買価格の年々下がっているため、利回りは保証されていません。

途中で売却も難しいため、かなりリスクのある投資になります。

 

ワンルームマンション投資

根強い人気のワンルームマンション投資。

中古1000万ぐらいから始められるので、都心のマンションは特に人気です。

若手サラリーマンから、医師、弁護士といった高所得者まで幅広い層が販売ターゲットです。

 

しかし、数多い不動産投資のカテゴリーの中では、利回りが低い空室リスクが高い、などデメリットが多く、旨味がありません。

 

ではなぜここまで売れているかというと、

・融資が出やすいから
・不動産業者が儲かるから

です。

 

セールスキーワードは「節税対策」。

そう。業者も「儲からない」と言っているのです。

 

現金を増やす目的の投資としては、選ぶべきではないですね。

 

トランクルーム投資、コインランドリー投資

不動産系の投資の中では、比較的初期費用がかからず始められるため、コインランドリー投資やトランクルーム投資が人気です。

 

しかし、これらは通常の不動産賃貸投資と違い、リース事業なので難易度が高いです。

・立地
・集客
・店舗づくり

など多岐にわたる戦略が必要です。

 

フランチャイズもあり、始めやすい環境ではありますが、事業センスが問われるため、誰でも収益が出せるとは限りません。

 

仮想通貨ICO

株式IPOにあたる仮想通貨ICO。

仮想通貨関連事業の、資金調達の手段として知られています。

 

出資者は、新規公開前に割安に仮想通貨やトークンを入手できる、という投資です。

2017~18年の仮想通貨バブル時に大流行しました。

 

多額の資金を大量に集めたは良いが、全くスタートしない。通貨の価格も全く上がらない、という事例が多発しました。

8割は当初から実現予定なしの詐欺だった、という統計もあります。

そもそも海外の案件が多く、実態の把握が難しいのです。

 

仮想通貨にかかる各国の法整備が整っていない以上、手を出すべきでないですね。

必ず価格が上がる、などのうたい文句には要注意です。

 

海外不動産投資

途上国の不動産は、売却益を狙うキャピタルゲイン投資になります。

インフレもあり、値上がりはほぼ確実な投資に見えますが、銀行融資が使えない、もしくは使えても高金利というデメリットがあります。

 

日本の不動産も同じですが、立地の選定が極めて重要です。

あなじ市街地でも道路を挟んで、全く資産価値が変わってくる場所もあります。

 

現地の不動産事情に精通していないと、なかなか良い物件を探すのは難しいです。

しかも、現地のエージェント、特に日本人のエージェントは質の悪い業者が多いので、注意が必要です。

 

海外積立金投資

確実に高い利回りを上げられる、とのふれこみで資金を集める、海外積立投資案件にも悪質なものが多いです。

 

代表的な例は、実際は投資を行わずに、出資者の資金から高い配当を出し、時期をみて胴元がいなくなるパターン。

ポンジスキームと言われるネズミ講です。

 

海外での投資は、運用会社が怪しいところが多いので要注意。

特に年利で10%以上を保証している商品は、ほぼ詐欺と思って良いですね。

 

FX自動売買ツール

金融庁

SNSでの強引な勧誘、集客が問題になっている、FXの自動売買。

・ツールの価格が高額
・バックテストの改ざん
・資金を引き出せない

など、注意が必要です。

 

自動売買自体は違法性があるものではないですが、金融庁の登録の有無を、しっかり確認するなど、慎重に検討する必要があります。

 

結論:あなたが取り組むべき投資

セミリタイアを目指すあなたが取り組むべき投資は、下記のとおり、ほぼ決まってきます。

 

●株式長期投資
●不動産投資
●債券投資
●金・ビットコイン

 

詳細については、後日それぞれ解説していきますね。

 

それでは今日も、セミリタイア目指して頑張っていきましょう!

-未分類

© 2020 Ichiro Blog Powered by AFFINGER5