投資 米国企業分析

2020/11/29

XRPだけじゃない、仮想通貨企業Ripple(リップル)の革新性

XRPだけじゃない、仮想通貨企業Ripple(リップル)の革新性 仮想通貨XRPの価格がは2020年11月に入り突如、価格が急騰している。2017年から2018年初頭にかけてのXRPの高騰(あるいはバブル)の記憶が新しいところ。   ここ数年は、XRPの価格も低迷が続いているが、米国の暗号新興企業リップル社の最近の動きと、今後の展望を見ていきたい。   XRPとビットコインは競合しない リップルのCEOのブラッド・ガーリンハウスは、ビットコイン(BTC)を常日頃批判することで知られてい ...

ReadMore

米国企業分析

2020/11/23

Robinhood(ロビンフッド)ミレニアム世代の投資アプリ

Robinhood(ロビンフッド)ミレニアム世代の投資アプリ 米国の株式取引投資アプリ「ロビンフッド」が手数料無料という画期的なサービスを打ち出し、若年層を中心に利用者数が急増している。   ロビンフッドは「アメリカの金融システムを民主化したい」という願望から考案され、若い世代の投資家に手数料無料で取引できるプラットフォームを提供することでオンライン投資家を熱狂させているのだ。   若者の株式市場への参加をサポートする ロビンフッドの創業者Vlad Tenev(ウラジミール・テネフ)は ...

ReadMore

転売

2020/11/19

転売初心者のためのヤフオクの使い方【わかりやすく解説】

ヤフオクって使ったことないんだよね。不用品を売るならヤフオクがいいって聞いたんだけど、出品方法とか詳しく教えて欲しいです。   こんな疑問に答えていきます。   転売初心者のためのヤフオクの使い方【わかりやすく解説】 ヤフオクは1999年にサービスをスタートました。オークションサイトといえばヤフオクというぐらい老舗ですが、マニア向け商品などは今でも実績No1の販売プラットフォームです。   オークションは入札形式で価格が上がっていく仕組みなため、購入側も安く買える可能性があり ...

ReadMore

投資

2020/11/15

不動産投資が意外と儲からない原因とは【回避は可能】

不動産投資は不労所得なのが良いよね。でも意外と儲かってない人も多いって聞いたけどなんででしょう?不動産投資できちんと利益が残る方法が知りたいです。   こんな疑問に答えていきます。   不動産投資が意外と儲からない原因とは【回避は可能】 不動産投資は不労所得と言われますが、株式投資の配当と比べると全く性質が違います。   不動産は投資というよりも、賃貸業ビジネスです。当然、上手く運営しないと利益が出ない、ということは十分にありえます。   結果として、不動産投資は世 ...

ReadMore

投資

2020/11/11

ビットコインをガチホできない人がやりがちな行動3つ

ビットコインは値動きが激しいからトレードしたら儲かりそう。実際ガチホするのとどっちが良いのか、教えて欲しいです。   こんな疑問に答えていきます。   ビットコインをガチホできない人がやりがちな行動3つ 仮想通貨の投資法としては、ビットコインを買って何もせずに長期間保有する、いわゆる「ガチホ」が最強です。   これは2016年~2017年の仮想通貨ブームの頃に買っていた人は、痛感していることだと思います。実際、2017年からビットコインをホールドし続けられた人は非常に少ないの ...

ReadMore

未分類

セミリタイア実践者が株式投資をしている理由

 

セミリタイアした人のブログとかをみてると、みんな株式投資してるけど、どうしてなんだろう。自分は貯金が少ないけど、興味があるので何からはじめたらよいか教えてほしいです。

 

こんな疑問に答えていきます。

 

今日のポイント

・セミリタイアを目指すなら株式投資がおすすめ
・おすすめの投資手法は5つ
・初心者が気をつけるべきポイントを解説

 

 

セミリタイア実践者が株式投資をしている理由

若くしてセミリタイアしている人には共通点があります。

 

それが、

株式投資をしていること

です。

なぜ、株式投資なのか?

 

深掘りしていきます。

 

株式投資以外でお金を増やすのは結構大変

お金を増やすには

 

・会社の収入を上げる
・事業で利益を上げる
・不動産投資で資産を増やす

 

などが考えられます。

しかし、実践はなかなかハードです。

 

順番にみていきます。

 

会社の収入を上げる
転職でキャリアアップの必要がある。今の会社が良い場合もある。

 

別の事業で利益を上げる
副業独立起業になる。労働時間が増える、ビジネスを立ち上げることになるため、かなりの労力がかかる。

 

不動産投資で資産を増やす
手持ちの資金や銀行からの融資が必要。自営業などでは条件的に厳しい場合もある。それに実は不動産は意外と労力のかかる投資です。

 

株式投資の3つのメリット

では、お手軽に資産を増やすには何が良いか?

いきなり結論ですが、資産形成にはやはり株式投資が一番です。

 

理由としては、

①手間がかからない いわゆる不労所得
②時間を味方につけられる
③世界の成長に乗っかって資産を増やせる

 

です。順に解説すると

 

①証券口座を開設すれば、すぐに始められるので、投資資金さえあればOK。株価の上昇とともに資産が増えていく、いわゆる不労所得になります。

②長い期間保有できれば、そのぶんだけ資産が増える。継続した時間がお金に変わるということ。

世界経済は基本的に今後発展を続けていく、という前提があるので、その流れに乗れば資産を増やすことが可能ということです。

 

個人の能力などは一切関係なく、資金の範囲内で、誰でも実現可能というのが最大のメリットですね。

 

株式投資実践のパターン

 給与収入があり、老後の資産形成として取り組む

貯蓄の延長としての株式投資です。高齢者の株式投資に多いパターンですね。

 

 積極的に売買を繰り返し、リターンを得る 

こちらは、短期的な収入を得る目的での株式売買です。

専業投資家、デイトレーダーなどもこのパターンですね。

 

 長期で保有しで配当で生活する 

サラリーマンを卒業後の、生活資金を得る目的での株式投資。

こちらがセミリタイア目標の人たちのスタイルになります。

 

それでは、セミリタイア実践者の具体的な事例を見ていきましょう。

 

セミリタイア実践者の事例

 三菱サラリーマンさんの場合

三菱サラリーマンさんのブログ

30歳でセミリタイアを達成した有名ブロガー。

貯蓄の大半を米国高配当株に投資を続けて、7000万まで資産を増やしました

 

投資銘柄は、約60銘柄 (米国株10 日本株40 米国以外10) 。以外と日本株多いですね。

年間配当は250万程とのこと。米国、日本、その他と地域の分散がされています。

 

 厚切りジェイソンさんの場合

厚切りジェイソンさんの記事

エリートビジネスマン兼お笑い芸人。

30代までで資産を構築し、セミリタイアしたそうです。

 

GE(ゼネラル・エレクトリック)にプログラマーとして入社
外資系企業の日本法人社長として来日
テラスカイ グローバルアライアンス事業部長

 

すごい経歴ですね(・∀・;) 一方で大変な倹約家です。コスト意識の高さは見習うべきです。

 

S&P500などに収入の9割を投資しているとのことで、FIREの原則をそのまま実践されています。

コロナで数千万損してるということなので、投資額はおそらく億円単位ですね。

 

株式投資は本当に儲かるのか【過去データを検証】

株式投資は実際儲かるのか?具体的に過去のデータを見て見ましょう。

下記は米国のS&P500指数の過去30年のデータです。

 

30年で5倍以上になっていますね。

S&P500指数

株式投資の古典、ベンジャミングレアムの「賢明なる投資家」でも

・ダウ平均1949年からの20年間で企業収益は2倍だが、株価は5倍以上となっている
・株式は25~75%、債券は75~25%で分散投資
・普通株のポートフォリオでななく定評のある投資ファンドを使う
・ドルコスト平均法を使う

 

といった投資手法がおすすめされています。

現代でも通用する理論なのがわかりますね。

 

おすすめの株式投資法5つ

それでは。具体的にどんな投資手法があるのか見ていきましょう。

以下が、おすすめの投資方法になります。

 

日本株投資信託(NISA利用)

税制が優遇されるNISAをきっかけに株式を始める人が増えています。

NISAは年間120万、積立NISAは年間40万円まで非課税扱いとなります。

 

おすすめは、幅広い銘柄に分散する投資信託。

一番人気は、三菱UFJ国際投信のeMAXIS Slimシリーズ。手数料が安いのが決め手。全資産、全世界株式にまるっと投資が可能です。

積立NISAの場合、家族の口座も活用できます。

 

日本個別株投資(高配当株、株主優待)

高配当株や、1200ほどある株主優待銘柄を上手に活用した投資手法です。

優待利回りも含めて、リターンを得るというのは日本独自の仕組みですね。

 

優待特典を使った、いわゆる優待生活も可能で、生活コストを下げられるのが魅力です。

ちなみにヤマダ電気の優待利回りは10%近くにも登ります。

 

米国高配当株投資

多くのセミリタイア実践者が採用している手法です。

有名ブロガーのバフェット太郎さんも実践しており、保有銘柄は10%づつ10銘柄。とても参考になりますので紹介します。

バフェット太郎さんのブログ

・プロクター&ギャンブル(PG)
・ウォルマート(WMT)
・アルトリア(MO)
・ベライゾン(VZ)
・マクドナルド(MCD)
・フィリップ・モリス(PM)
・コカ・コーラ(KO)
・ジョンソン&ジョンソン(JNJ)
・IBM(IBM)
・エクソン・モービル(XOM)

 

ほとんどが、配当王(50年以上連続増配株)配当貴族(25年以上連続増配株)と呼ばれる超優良銘柄です。

 

米国株インデックス投資(ETF)

米国株式インデックス投は、FIREムーブメントでも推奨されている投資です。

複数の株式銘柄セットの全体の動きに連動する値動きをするのがインデックスファンド。

 

VTI :S&P500含む米国株3600銘柄に分散投資
BND : 米国債券8400銘柄に分散投資

などが紹介されています。

 

インデックスファンドは、面白くもおかしくもないが、とにかく結果が出る。運用成果を測定している会社のデータによれば、インデックスファンドは、長期的にほとんどのポートフォリオ・マネージャーを打ち負かしていると言える。

チャールズ・エリス:敗者のゲーム

 

S&P500の年間平均リターンは約7%。

だまって持っておけばよい。考えなくて済むのが魅力です。

 

米国成長株投資

成長株へ積極的に投資する手法。S&P指数よりも上のリターンを目指すスタイルです。

成長株は、リスクもあるがリターンも大きい。アマゾン、アップルなどのGAFA銘柄が好調です。

テスラなどの成長銘柄、成長分野にも積極的に投資するスタイルですね。

 

自分も成長株銘柄の割合が大きいETFに投資しています。

 

米国はETFの種類も多く、個別銘柄よりも分散がきくのでおすすめ

個別株はリターンも大きいですが、リスクも大きいので要注意ではあります。

 

株式投資で初心者が気をつけるべきポイント

ここで、初心者がやってしましがちな注意点を上げておきます。

 

定期的に積立が継続できない

よし、定期的に積立投資するぞ!と意気込んで始めたものの、「今月は出費が多かったんで来月にしよう」といった感じで継続できない、というパターンに陥りがち。

そんな人には積立NISAの利用がおすすめ。

 

証券会社によっては自動定期買い付けサービスなどもあるので、自分の意志とは関係なく強制的に積立投資ができます

逆に、しょっちゅう売り買いを繰り返して、結局儲からずに、「株式投資は向いてない」となってしまうのも考えもの。

一度決めたら定額をコツコツと。投資をギャンブルと同じで考えてはダメです。

 

短期投資か、長期投資か方針があいまい

貯金の延長でコツコツ積立投資を長期でやるのか、定期的に利益を得るために積極的に売り買いをするのかをはっきりとさせることが大事。

長期で資産を増やす目的なのに、短期トレードで資金をなくしてしまってはどうしようもないですからね。

 

長期投資を8〜9割 短期投資は残りの1〜2割でチャレンジするようにしたいです。

最初は個別銘柄は避けましょう。投資信託よりも手数料が安いETFがおすすめです。

 

1つの銘柄に入れ込む

上がる銘柄を当てるのは難しいです。

会社の財務分析などは大事なことですが、必ずしも業績が良いから株価が上がるわけでもないのが実際。

 

個別銘柄を選ぶのであれば、10銘柄程度に分散が必要。値がさ株(1株の金額が大きい株)だと資金がかかるし、リスクがあります。

Don't put all your eggs in one basket (1つのカゴに全部の卵をに入れるな)という投資格言もあります。

 

投資に対する心理的なハードルがある

まだまだ日本においては、投資=ギャンブルと考える風潮があります

しかし、投資を志すからには、過度に恐れるよりも、過去のデータや他の人の実例から学ぶことは必須事項です。

 

また、投資のリスクに対する考え方も人それぞれなので、自分のリスク許容度を知ることが大事。

資金が10万減って、うろたえて売りたくなるか、全然気にせず持ち続けられるかは、個々人の性格も影響してきます。

賢明な投資家になるには。「頭脳」よりも「性格」のほうが重要なのだ。

ベンジャミングレアム:賢明なる投資家 序章

 

 

自己資金のほとんどをつぎ込む

積極的に行くのは良いが、生活資金をつぎ込む、金を借りてやる、とかはおすすめしません。

資金管理は投資において重要です。

 

あくまで余剰資金(収入ー生活費)の残りの範囲でやること。余剰資金を捻出するためにも節約しましょう。

 

始めるのが面倒そうなのでやらない

株取引には、まずは口座開設が必要になります。実際は面倒でなく簡単です。

証券会社ですが、どこが良いかというと、ネット系証券会社がおすすめです。

 

楽天証券
SBI証券
マネックス証券

 

あたりで大丈夫かと。ざっくりとしたそれぞれの特徴は

 

・楽天証券:スマホなど使いやすい。楽天ポイントがつく。

・SBI証券ドルに両替をする場合の手数料が安い定期買い付けサービスがある。

・マネックス証券IPO(新規公開株)の取り扱いが多い。100%完全平等抽選。

 

個人的にはドル転が楽なので、SBI証券がおすすめ

 

ちなみに、必要書類は下記のとおり

身分証明書
マイナンバーカード(通知書)
スマホで撮った写真

 

WEBからアップロードで登録できます。最短翌営業日には開設可能です。早いですね。

 

それでは今日もセミリタイア目指して頑張っていきましょう!

-未分類

© 2020 Ichiro Blog Powered by AFFINGER5