投資 米国企業分析

2020/11/29

XRPだけじゃない、仮想通貨企業Ripple(リップル)の革新性

XRPだけじゃない、仮想通貨企業Ripple(リップル)の革新性 仮想通貨XRPの価格がは2020年11月に入り突如、価格が急騰している。2017年から2018年初頭にかけてのXRPの高騰(あるいはバブル)の記憶が新しいところ。   ここ数年は、XRPの価格も低迷が続いているが、米国の暗号新興企業リップル社の最近の動きと、今後の展望を見ていきたい。   XRPとビットコインは競合しない リップルのCEOのブラッド・ガーリンハウスは、ビットコイン(BTC)を常日頃批判することで知られてい ...

ReadMore

米国企業分析

2020/11/23

Robinhood(ロビンフッド)ミレニアム世代の投資アプリ

Robinhood(ロビンフッド)ミレニアム世代の投資アプリ 米国の株式取引投資アプリ「ロビンフッド」が手数料無料という画期的なサービスを打ち出し、若年層を中心に利用者数が急増している。   ロビンフッドは「アメリカの金融システムを民主化したい」という願望から考案され、若い世代の投資家に手数料無料で取引できるプラットフォームを提供することでオンライン投資家を熱狂させているのだ。   若者の株式市場への参加をサポートする ロビンフッドの創業者Vlad Tenev(ウラジミール・テネフ)は ...

ReadMore

転売

2020/11/19

転売初心者のためのヤフオクの使い方【わかりやすく解説】

ヤフオクって使ったことないんだよね。不用品を売るならヤフオクがいいって聞いたんだけど、出品方法とか詳しく教えて欲しいです。   こんな疑問に答えていきます。   転売初心者のためのヤフオクの使い方【わかりやすく解説】 ヤフオクは1999年にサービスをスタートました。オークションサイトといえばヤフオクというぐらい老舗ですが、マニア向け商品などは今でも実績No1の販売プラットフォームです。   オークションは入札形式で価格が上がっていく仕組みなため、購入側も安く買える可能性があり ...

ReadMore

投資

2020/11/15

不動産投資が意外と儲からない原因とは【回避は可能】

不動産投資は不労所得なのが良いよね。でも意外と儲かってない人も多いって聞いたけどなんででしょう?不動産投資できちんと利益が残る方法が知りたいです。   こんな疑問に答えていきます。   不動産投資が意外と儲からない原因とは【回避は可能】 不動産投資は不労所得と言われますが、株式投資の配当と比べると全く性質が違います。   不動産は投資というよりも、賃貸業ビジネスです。当然、上手く運営しないと利益が出ない、ということは十分にありえます。   結果として、不動産投資は世 ...

ReadMore

投資

2020/11/11

ビットコインをガチホできない人がやりがちな行動3つ

ビットコインは値動きが激しいからトレードしたら儲かりそう。実際ガチホするのとどっちが良いのか、教えて欲しいです。   こんな疑問に答えていきます。   ビットコインをガチホできない人がやりがちな行動3つ 仮想通貨の投資法としては、ビットコインを買って何もせずに長期間保有する、いわゆる「ガチホ」が最強です。   これは2016年~2017年の仮想通貨ブームの頃に買っていた人は、痛感していることだと思います。実際、2017年からビットコインをホールドし続けられた人は非常に少ないの ...

ReadMore

投資

DeFiはバブルなのか?【わかりやすく解説】

最近、 DeFiってよく聞くけど、ビットコインとかの仮想通貨と何が違うんだろう。なんか難しそうなんでわかりやすく教えて欲しいです

 

こんな疑問に答えていきます。

 

DeFiはバブルなのか?【わかりやすく解説】

最近、仮想通貨界隈では、DeFiという単語を目にするようになりました。

 

DeFi何それ?って人に順番に説明していきます。

 

DeFiってなに?

DeFiとは分散型金融(Decentralized Finance)のこと。

 

例えていうと、DeFiとは新しい銀行などの金融機関のカタチとも言えます。ブロックチェーンを使った金融システムのことです。

 

「スマトートコントラクト」という技術を使用しています。

 

・・・??? よくわかんないから、わかりやすく

 

スマートコントラクトの仕組み

スマートコントラクトとは、契約などが、プログラムによって自動で実行される仕組みのこと。

 

自動販売機の仕組みに例えられますが、もっと複雑な契約にも対応が可能になります。

 

スマートコントラクトのメリットは

・仲介者が必要ない
・第三者の改ざんが不可能

 

などが挙げられます。

 

スマートコントラクトのメリット

スマートコントラクトで、国や企業に依存しない金融サービスが実現できます。

 

こんな人にメリットがあります。

・銀行口座を持ってない
・自国の通貨を信用していない
・少額を送金したい
・早く送金したい
・手数料を安くしたい

 

スマホをは持っているけれど、銀行口座を持っていない、という人が世界中にはたくさんいます。

 

なぜDeFiが流行っているのか?

では、なぜ今DeFiが流行っているのでしょうか?

 

理由は簡単です。

・DeFiを使った仕組みを提供したい人がいる
・DeFiの仕組みで投資したい人がいる

 

からです。

 

じゃあなぜDeFiが盛り上がってるのか?というと

 

 「儲かるから」

 

です。

 

金融は銀行が儲かるビジネス

金融というのは、運営する銀行や証券会社がとても儲かる仕組みになっています。

 

ですが、あなたが銀行をやろうと思ってもできません。金融業界は法律のしばりや、監督省庁の権限が強いからです。

 

DeFiはこの現状を変えようという動きです。

 

DeFiは新しい金融市場

DeFiはスマートコントラクトを使った新しい金融市場です。

 

DeFi市場には、現在、仮想通貨が大量に流れ込んでいます。結果として、イーサリアム関連の仮想通貨の価格が上がっているのです。

 

ふうん。でも、なぜビットコインではなく、イーサリアムなの?

 

イーサリアム(ETH)はなぜ価格が上がってる?

イーサリアムの価格が上昇しているのには、以下のような理由があります。

 

 DeFiには、スマートコントラクトの仕組みが必要

 ETHは、スマートコントラクトの仕組みを持った仮想通貨

 結果としてDeFiでは、ETHがたくさん必要になる

 

というわけでDeFiは、イーサリアム関連の仮想通貨が大量に使われ、ETHの価格が上がっているのです。

 

なるほど。でも、仕組みが増えたからといってお金が集まる、ってのがよくわからないんだけど?

 

DeFiには、投資家目線で儲かるプロジェクトが多いから資金が流れ込んでるんだ。実際のDeFiのプロジェクトを見てみよう

 

MakerDAO(メーカーダオ)

MakerDAO(メーカーダオ)とは、ステーブルコインのDAI(米ドルの価格と連動する仮想通貨)を発行しているプラットフォームです。

 

MakerDAOはETHを担保にしてDAIを貸し出しています。

 

ETHを担保にしてDAIを借りることで、手持ちのETHを換金することなく、価格変動の少ない通貨(DAI)での取引が可能になるんですね。

 

DAIを借りて何をするの?

ETHでDAIを借りる際は150%の担保が必要です。30のETHを担保に20のDAIを借りるイメージです。

 

金利も高いので、なぜそこまでして借り入れをするか?という理由ですが

・利回りの良い通貨に再投資ができる
・返済期限がない(無期限)である

 

 レバレッジをかけられる

 

というのがポイントです。

 

つまり不動産投資と同じで、借入を使ってレバレッジをかけつつ投資ができて、なおかつ返済はいつでも良いという、画期的な仕組みなのです。

 

DeFiの盛り上がりはレンディングサービスがキモ

DeFiの盛り上がりはレンディングサービスがキモになっています。

 

順番に見ていきます。

 

レンディングとは

レンディングとは、投資家が取引所に仮想通貨(ETHなど)を貸し出すと金利がもらえるサービス。

 

逆に取引所は、事業者や投資家に仮想通貨を貸すことで金利を得るという仕組み。仮装通貨版の銀行業務ですね

 

投資家はDeFiのプラットフォームに、ETHなどの暗号資産を預け入れることで、利息収入などを得ることができます。

 

分散型レンディングが流行っている

レンディングには2種類あります。

 

 集中型レンディング
取引所や企業が運営し、貸出・借入・返済を行うプラットフォーム

 分散型レンディング
スマートコントラクトを使って、管理者がいなくても貸出・借入・返済が可能なプラットフォーム

 

DeFi市場で利用されているのは、分散型レンディングです。

 

この分散型レンディングを提供するCompoundが大ブームになっています。

 

Compoundの「COMPトークン」が大ブレイク

CompoundはETHに連動したトークンのレンディングを行なっているプロジェクトです。DeFiの盛り上がりとともに、規模拡大してきています。

 

このCompoundが、サービス側の意思決定に参加できる権利が付いたDeFiトークン(通貨)「COMP」を参加者に配りました。

 

本来は、利用者を増やすための「ポイント」みたいなものだったのですが、これが取引所で売り出されて、爆上げしました。

 

結果として

・DeFiブームでETH高騰
・ETHの運用先としてCompoundが注目
・CompoundがCOMPトークンを配布
・COMPトークンが取引所で爆上げ
・DeFi銘柄とETHが高騰

 

というバブルの循環が起きています。

 

DeFiは詐欺の温床になるのか?

DeFiブームは2017年の仮想通貨バブルと重なります。

 

実際、下記のようなバブルともいうべき現象が起きています。

 

イールドファーミングと「Sushi」ブーム

先ほどのCompoundと同じように、プラットフォームに仮想通貨を預けることで、そこから金利やDeFiトークンを得る「イールドファーミング」というサービスが過熱しています。

 

「Sushi」や「Kimuchi」といったヘンテコな名前が付いたプロジェクトが続々と立ち上げられて、SushiトークンやKimuchimトークンが爆上げするといった現象が起きています。

 

Hotdogトークンは5分間で99.9%の下落

2020年9月、プラットフォームの「Hotdog」が発行したHotdogトークンは、リリースされてから数時間後に大暴落しました。

出典:Uniswap

なんとわずか5分間で4000ドルから1ドルまで99.9%の下落・・・。

 

ブームに乗っかって、こうした明らかに詐欺まがいのプロジェクトも容易に資金を集められるぐらい、DeFiの周辺はバブルが起きています。

 

今日のまとめ

 今日のまとめ

・DeFiは仮想通貨の仕組みを使った新しい金融のカタチ
・レンディングなど、魅力的なサービスが充実してきている
・ブームに乗っかった詐欺には注意

 

DeFiは、今後の発展が期待される業界ですが、現在はブームが過熱してバブルの状況です。

 

2017年当時のICOバブルにならって、怪しい案件や詐欺に引っかからないような注意が必要です。

 

では、また。

-投資
-

© 2021 Ichiro Blog Powered by AFFINGER5